adachi_CD

足立智美「貧富の差はどこから来るのか」CD発売開始

フォンテックから、2014年の東京現音計画#03コンポーザーズセレクション2をプロデュースしていただいた足立智美さんのCD「貧富の差はどこから来るのか」が発売されました。同演奏会の「古代中国の実験音楽 ~楽経から~ 第一番+第二番」 (2014)を収録!

「現代日本の作曲家」シリーズ第51集:足立智美「貧富の差はどこから来るのか」
amazon
HMVオンライン
Tower Records


音の収録を極める

08/14 有馬純寿ワークショップ「音の収録を極める」

【両国アートフェスティバル関連企画サマーアカデミー】

日本の現代音楽界における音響・エレクトロニクスの第一人者、有馬純寿による実践ワークショップを開催。
録音やPA、ライブ・エレクトロニクスのマイクロフォンの活用法など、現場に即したノウハウを公開します。
東京現音計画メンバーも演奏者として参加!

日程:2016年8月14日(日) 10:00〜18:00
会場:両国門天ホール
講師:有馬純寿
演奏:東京現音計画

対象:どなたでもご参加いただけます。
内容:録音やPA、ライブ・エレクトロニクスで使用する各種マイクロフォンの違いや、セッティングによる音の変化を、実際に録音や演奏をしながら体験していきます。


%e6%8c%87%e6%8f%ae%e8%ac%9b%e5%ba%a7

08/13 第8回 杉山洋一による指揮ワークショップ

【両国アートフェスティバル関連企画サマーアカデミー】

作曲家/指揮者・杉山洋一と東京現音計画による名物講座、今年もサマーアカデミーに登場!
モーツアルト《交響曲第39番》を題材に、指揮と楽曲分析を通じて「耳を開く」ユニークなワークショップです。

日程:2016年8月13日(土) 10:00〜18:00
会場:両国門天ホール
講師:杉山洋一
ピアニスト:黒田亜樹、加藤真一郎

対象:指揮に興味があり、耳の訓練をしたい方で、以下のいずれかに該当する方。
(1)これまで当ワークショップを受講した方
(2)指揮の経験がある方(プロ・アマ、ジャンル、規模は問いません)
*長らく聴講生のみの募集でしたが、今回受講生の空きができましたので、あらたに募集いたします。

内容:少人数の集団ワークショップで、2台ピアノによる交響曲の指揮に挑戦します。

課題曲:モーツァルト《交響曲第39番》全楽章


写真:松蔭浩之(photo: Matsukage Hiroyuki)



#07関連トーク

07/09 新しい抵抗に向けて〜東京現音計画#07関連トーク

新しい抵抗に向けて〜東京現音計画#07関連トーク

7月14日の東京現音計画コンサートに向けて、プログラム監修の沼野雄司氏にたっぷりと語っていただきます。ゲストに社会学の毛利嘉孝氏、東京現音計画メンバーも参加して、フル装備のトーク企画、お楽しみに!

日時:2016年7月9日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:Tokyo Concerts Lab.(東京都新宿区西早稲田2-3-18)

出演:沼野雄司(音楽学、桐朋学園大学教授)
   東京現音計画メンバー
ゲスト:毛利嘉孝(社会学・文化研究、東京藝術大学教授)
司会:有馬純寿(東京現音計画代表、帝塚山学院大学准教授)

入場料:1000円(税込)
    東京現音計画#07のチケット持参の方は500円(税込)
    ベルク協会会員、高校生以下無料

予約・問い合わせ:nayac@mc.point.ne.jp(福永)

主催:東京現音計画
共催:日本アルバン・ベルク協会
協力:帝塚山学院大学情報メディア学科