演奏会 / concert」カテゴリーアーカイブ

12/18 東京現音計画#13~プロデューサーズセレクション 1:国塩哲紀

東京現音計画が、なんと“クラシック音楽”の現役プロデューサーとタッグを組む、ミニマル・ブラスな室内楽の宵

21 世紀に入って現代音楽の世界では、用いられる音楽的語法がますます豊かになり、その結果として数多く の作品が生み出されていますが、日本に最新の動向が紹介されるにはまだまだ時差があります。一方、20 世紀 の歴史的な作品のなかには、準備の困難さから日本での上演が実現しないものも多く残されています。さら に、日本の現代音楽作品は、ごく一部の作曲家の作品を除けば、海外にはほとんど紹介されていないのが現状 です。東京現音計画は一定の視座からの演奏会のプログラミングを通じて、そうした日本の状況に演奏する立 場から一石を投じる活動を続けています。
2019 年後半の主催公演では、とりわけ現代音楽のエッジにこだわりながら、作曲家、演奏家、批評家など による様々な選曲企画を積み上げてきた東京現音計画が、なんと“クラシック音楽”の現役プロデューサーを迎 えてコンサートに挑みます。登場するのは、東京オペラシティで「コンポージアム」「武満徹|Visions in Time」「アンサンブル・モデルン来日公演」などを手がけ、現在に続く日本の現代音楽公演の 1 シーンを築 き、現在は東京都交響楽団の個性的なプログラミングや、広島ウインドオーケストラでの日本の吹奏楽演奏史 に残る興味深い選曲で知られる国塩哲紀。そう言われれば、小さな吹奏楽、マイクロ吹奏楽といえなくもない 東京現音計画の名プロデューサーを迎えての新展開、必見です!

日程:2019年12月18日(水)19:00開演(開場30分前)
会場:ヤマハ銀座スタジオ
(東京都中央区銀座7-9-14ヤマハ銀座ビル地下2F)
https://www.yamahaginza.com/access/

プログラム監修:国塩哲紀

演奏:東京現音計画 
 メンバー:有馬純寿(エレクトロニクス)、大石将紀(サクソフォン)、神田佳子(打楽器)、黒田亜樹(ピアノ)、橋本晋哉(チューバ)

【プログラム】 
スティーヴン・ブライアント《Hummingbrrd》バリトンサクソフォンとエレクトロニクスのための(2015)
マイケル・ドアティ《ウォーク・ザ・ウォーク》バリトンサクソフォンとパーカッションのための(2005)
中橋愛生《内なる歌》無伴奏C管コントラバス・チューバのための(2012)
カレル・フサ《ピアノソナタ第2番》(1975)
テリー・ライリー《トレッド・オン・ザ・トレイル》 東京現音計画版(1965/2017)
平石博一《パラレル・ミュージック》サクソフォン、チューバ、ヴィブラフォン、ピアノ、エレクトロニクスのための(2019委嘱初演)
※曲目は企画の主旨に添って変更になる場合があります。

【チケット】
全席自由 前売一般3000円、前売大学生・専門学校生1000円、当日3,500円(税込)
高校生以下無料(要予約。問い合わせ先のメールアドレス宛にお申し込みください)

チケット取り扱い:Confetti(カンフェティ)
Web:https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=54920&
フリーダイヤル:0120-240-540(平日10:00~18:00)
発売開始:2019年9月30日(月)10:00〜
*Web、フリーダイヤル限定のお得な「カンフェティ席」あります! 前売一般券が500円引きで、10/31までの数量限定先着順。急いで!

問い合わせ:東京現音計画事務局(ナヤ・コレクティブ)
メール:nayac@mc.point.ne.jp
電話: 050-5532-5022(平日15:00~19:00)

主催:東京現音計画
助成:公益財団法人 野村財団、公益財団法人 朝日新聞文化財団、芸術文化振興基金助成事業、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

*   *   *

プログラムの監修にあたって 国塩哲紀

今回の東京現音計画のプログラムは、“主に吹奏楽曲で知られる作曲家の室内楽曲”によるコンサートを作ってみたらどうなる?という、いたって素朴な発想から生まれました。
 ブライアントも、ドアティも、中橋も、フサも、もちろん“吹奏楽専門”の作曲家ではありませんが、吹奏楽ファンによく知られた名前。高難度の作品で知られる彼らが書いた独奏曲や室内楽曲も聴いてみませんか?というお誘いでもあります。
 後半は東京現音計画の独特な編成を活かして、ミニマルミュージックの達人2人の作品でさらにエンターテイニングに。テリー・ライリーのおおらかさと、孤高の作曲家・平石博一(素晴らしい吹奏楽曲も書いている)の精密な美しさは耳の喜びであり、聴いているうちに、音楽にカテゴライズなど不要だと思えてくるに違いありません。そしてそれこそが、このプログラムのいたって素朴な願いなのです。


07/02 東京現音計画#12:黒田亜樹 with フランチェスコ・ディロン

東京現音計画#12〜ミュージシャンズセレクション4:黒田亜樹 with フランチェスコ・ディロン

日程:2019年7月2日(火)19:00開演(開場18:30)
会場:杉並公会堂小ホール(東京都杉並区上荻1-23-15)
荻窪駅北口徒歩7分

プログラム監修◉黒田亜樹、フランチェスコ・ディロン

ミラノに拠点を置く黒田亜樹が、イタリア音楽界を代表するチェリスト、フランチェスコ・ディロンと組む一夜。
キース・エマーソンは、大衆音楽であるロックにクラシックやジャズを取込み新しいジャンルを築いたが、その頂点に71年の『タルカス』がある。黒田とディロンが最初に共演したイタリアの作曲家マウリツィオ・ピサーティによる編作《ゾーン=タルカス》を、15年の時を経て東京現音計画版として日本初演。『タルカス』が発表されたのと同時期、民族音楽に原点を求めたミニマル音楽が、行き詰まりを見せていた現代音楽界に風穴を開けた。その流れをくむデヴィッド・ラングがディロンに捧げた作品を紹介し、ラングと活動したイギリスのケイト・ムーア、デンマーク気鋭の二人シモン・ステン=アナーセン、シモン・ルフラーの音楽を通して、アメリカとヨーロッパで今一番熱い音楽を聴く。

演奏曲目◉
K.エマーソン – M.ピサーティ《ゾーン=タルカス》(2004)東京現音計画版
ディヴィッド・ラング《リトル・アイ》(1999)チェロソロと4人の打楽器
シモン・ルフラー《セプテンバー 08》(2008)キーボード
ケイト・ムーア《ヴェルヴェット》(2010)チェロ、ピアノ
シモン・ステン=アナーセン《Next to Beside Besides》(2003/2006)東京現音計画版

※曲目は企画の主旨に添って変更になる場合があります。

出演◉東京現音計画:
有馬純寿、大石将紀、神田佳子、黒田亜樹、橋本晋哉
ゲスト:
フランチェスコ・ディロン(チェロ)
アルド・カンパニャーリ(ヴァイオリン)

チケット◉
全席自由 前売一般3000円、前売大学生・専門学校生1000円、
当日3,500円(税込)
高校生以下無料(要予約。問い合わせ先のメールアドレス宛にお申し込みください)

チケット取り扱い:Confetti(カンフェティ)
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=52150
フリーダイヤル:0120-240-540(平日10:00〜18:00)
・ご予約後、セブン-イレブン店頭にてチケットをお受け取りください。
・Webからお申込の際には、クレジットカード決済、またはチケット受け取り時にセブン-イレブン店頭でお支払いの、どちらかをお選びいただけます。
・クレジットカード決済を選択された場合、チケット受け取りはお申込みより4日後からとなります。

問い合わせ◉
ナヤ・コレクティブ nayac@mc.point.ne.jp

主催:東京現音計画
舞台監督:鈴木英生(カノン工房) 
制作:福永綾子(ナヤ・コレクティブ)
フライヤー&ロゴデザイン、写真:松蔭浩之
協力:帝塚山学院大学、有限会社ハリーケン、モモ・カンパニー

助成:公益財団法人 野村財団、公益財団法人 朝日新聞文化財団、芸術文化振興基金助成事業


01/17 東京現音計画#11 パフォーマティブ・パースペクティブ

東京現音計画#11
ベスト・セレクション 2
パフォーマティブ・パースペクティブ

2019年0117日(
18:30開場 19:00開演
杉並公会堂小ホール(杉並区上荻 1-23-15)

全席自由 前売一般3000円、前売大学生・専門学校生1000円、当日各種一律3500円(税込)
高校生以下無料(要予約。電話かメールにてお申し込みください)
※大学生以下は学生証等の提示が必要です。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

予約・問い合わせ◉
東京現音計画事務局(ナヤ・コレクティブ内)
チケットオンライン:
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=49527
電話:050-5532-5022(平日15:00~19:00)
メール:nayac@mc.point.ne.jp

これまでのレパートリーから厳選する「ベスト・セレクション・シリーズ」2回目はついに東京で、演出に鬼才・大岡淳を迎え、パフォーマンスの色合いの強い作品を揃えた初の構成舞台。
ウワサのあの曲、見逃した名場面が、装いを新たに蘇る!

プログラム:※曲目、演奏者は変更になる場合があります。

・アーサー・カンペラ《裸の特異点》チューバ、エレクトロニクス(2004)
・パオロ・カスタルディ《エリーザ》ピアノソロ(1967)
・足立智美《2013-10-14T06:49:10+02:00/2013-10-14T06:50:10+02:00》全員(2014委嘱)
・ネオ・ヒュルッカー《ネオランプス》5〜10人の奏者とテープのための(2013)
・エルネスト・パピエ《急ぎ仕事》(1997)
・大岡淳 新作(2018委嘱)
・坂東祐大《Jeux II [balls]》全員(2016委嘱)

演出◉ 大岡淳
演奏◉東京現音計画
エレクトロニクス:有馬純寿
サクソフォン:大石将紀
打楽器:神田佳子
ピアノ:黒田亜樹
チューバ:橋本晋哉

◉主催:東京現音計画
◉助成:公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団


Tokyo Gen’On Project#10: Composer’s Selection 5: AKIKO YAMANE

Tokyo Gen’On Project#10
Composer’s Selection 5: AKIKO YAMANE

2018/07/11 wed 19:00
Suginami Koukaidou Small Hall (google map)

Reservation
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=46291
mail:nayac@mc.point.ne.jp

advance ticket/ 3,000 yen for adults, 1,000 yen for undergraduates
DOS / 3,500 yen
senior high school and younger students / free of charge available on first ten arrivals, reservation required.

Program Supervisor: Akiko Yamane https://akikoyamane.com/
Tokyo Gen’on Project

Program
Akiko Yamane, Amusement for saxophone, tuba, percussion, piano and electronics (2018 commissioned, W.P.)
Akiko Yamane, Poppi Cue Popper Key for percussion (2012)
Akiko Yamane, State No. 1 for performers (2018 commissioned, W.P.)
Akiko Yamane, Dots Collection No. 19 for saxophone, tuba and electronics (2018 commissioned, W.P.)
Jacob TV, The Body of your Dreams for saxophones & soundtrack (2002)
Johannes Kreidler, Charts Music for saxophone, tuba, percussion, piano and electronics (2009/2018, W.P.)
Johannes Kreidler, Slot Machines for klavier und MP3 player (2009, J.P.)
Johannes Kreidler, Stil 1k for saxophone, tuba, percussion, piano and electronics (2018, W.P.)

主催:東京現音計画
助成:公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団



07/11 東京現音計画#10:コンポーザーズセレクション5:山根明季子

東京現音計画#10
コンポーザーズセレクション5:山根明季子
Tokyo Gen’On Project#10
Composer’s Selection 5: AKIKO YAMANE

2018年7月11日(水)
18:30開場 19:00開演
杉並公会堂小ホール(杉並区上荻 1-23-15)

全席自由 前売一般3000円、前売大学生・専門学校生1000円、当日各種一律3500円(税込)
高校生以下無料(要予約。先着10名まで。電話かメールにてお申し込みください)
※大学生以下は学生証等の提示が必要です。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

予約・問い合わせ◉
東京現音計画事務局(ナヤ・コレクティブ内)
チケットオンライン
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=46291
電話:050-5532-5022(平日15:00~19:00)
メール:nayac@mc.point.ne.jp

プログラム監修◉山根明季子
演奏◉東京現音計画
エレクトロニクス:有馬純寿
サクソフォン:大石将紀
打楽器:神田佳子
ピアノ:黒田亜樹
チューバ:橋本晋哉

ひとりの作曲家にプログラミングを託すコンポーザーズセレクションの5回目にして、通算10回目の記念すべき主催公演は、新世代の旗手・山根明季子によるディレクション。迎え撃つ東京現音計画の新境地、要注目!

program ※曲目、演奏者は変更になる場合があります。
山根明季子《アミューズメント》サクソフォン、チューバ、打楽器、ピアノ、エレクトロニクスのための(2018 委嘱初演)
山根明季子《ポッピキューポッパキー》打楽器のための(2012)
山根明季子《状態 No.1》複数のパフォーマーのための(2018 委嘱初演)
山根明季子《水玉コレクション No.19》サクソフォン、チューバ、エレクトロニクスための(2018 委嘱初演)
ヤコブTV《ボディ・オブ・ユア・ドリームス》サクソフォン多重録音版(2002)
ヨハネス・クライドラー・山根明季子編《チャート・ミュージック》サクソフォン、チューバ、打楽器、ピアノ、エレクトロニクスのための(2009/2018 世界初演)
ヨハネス・クライドラー《スロット・マシーンズ》ピアノとMP3プレーヤーのための(2009 日本初演)
           《スタイル1k》サクソフォン、チューバ、打楽器、ピアノ、エレクトロニクスのための(2018 世界初演)

◉主催:東京現音計画
◉助成:公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団


01/31 東京現音計画#09:コンポーザーズセレクション4:近藤譲

一人の作曲家にプログラミングを託すコンポーザーズセレクション、4回目にして遂に近藤譲を迎える念願の一夜。問答無用の総力結集ぶり、ご堪能あれ。
(チケットの販売開始は10月25日を予定しています。)
続きを読む