カテゴリー別アーカイブ: ニュース / news

01/23 東京現音計画#06 ~ベストセレクション1 in 愛知

これまでの委嘱作や日本初演を果たしたレパートリー等から、絶妙のセレクションで贈る、ベスト・オブ・現音計画(その1)。関東圏以外では初の公演!

2016年1月23日(土)15時開演
愛知県芸術劇場小ホール
http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/
プログラム:
・杉山洋一《五重奏(アフリカからの最後のインタヴュー)》(2013年委嘱)
・足立智美《かゆいのはそこじゃない》(2014年委嘱)
・池田拓実《ptshrd》(2014年委嘱)
・稲森安太己《息の合う二人》(2015年委嘱)
・細川俊夫《ヴァーティカル・タイム・スタディ II》(1993-94年)
・アーサー・カンペラ《裸の特異点》(2004年)
・ネーレ・ヒュルッカー《ネオランプス》(2013年)
※曲目は変更になる可能性があります。

チケット:全席自由 一般2500円、大学生2000円(税込)
当日券は500円増し
高校生以下無料(要予約。東京現音計画事務局の電話とメールのみで受付)

※大学生以下は学生証等の提示が必要です。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

*参加者募集*
お客様で、杉山洋一《五重奏(アフリカからの最後のインタビュー)》にて、演奏に参加してくださる方を募集しています。楽器や、楽譜の知識は必要ありません。開場30分前(14:00)に会場に来て、簡単なリハーサルに参加できる方、ご連絡ください。
連絡先:nayac@mc.point.ne.jp(福永)

予約・問い合わせ:
・東京現音計画事務局(ナヤ・コレクティブ内)
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=31518&
nayac@mc.point.ne.jp
・愛知県芸術劇場 tel: 052-971-5609

チケット取扱い:
Confetti(カンフェティ) 0120-240-540(平日 10:00〜18:00)
※チケットの支払/受取は、お近くのセブン-イレブンになります。
※発券手数料はかかりません。

愛知芸術文化センタープレイガイド
電話:052-972-0430
(平日10:00〜19:00/土日祝10:00〜18:00、月曜定休、祝日/振替休日の場合は翌日振替)

主催: 東京現音計画、愛知県芸術劇場 / 制作: 福永綾子 / 助成: 公益財団法人野村財団


11/16 ヴァレリオ・サニカンドロ:空間、音楽と音の立体化

フランスを拠点にIRCAM、ダルムシュタット、ZKMなどヨーロッパ各地で活動を展開する1971年イタリア生まれの作曲家、ヴァレリオ・サニカンドロのワークショップ&コンサート。

出演:ヴァレリオ・サニカンドロ(作曲)、有馬純寿(エレクトロニクス)、太田真紀(ソプラノ)、橋本晋哉(チューバ)、久保智美(オンド・マルトノ)、トリ音(テルミン)

入場料:一般2000円(当日2500円)、学生1000円
チケット取扱い:
両国門天ホール
03-6666-9491
ticket@monten.jp

Part I レクチャー「空間、音楽と音の立体化」
サニカンドロ氏の近年の作品を中心に自作について語ります。

Part II コンサート
Strali (2001) for solo voice
太田真紀(ソプラノ)
SonnetX (2008) for tuba and L.E.
橋本晋哉(チューバ)、有馬純寿(エレクトロニクス)
A Book of Waves (2012) for Theremin, Ondes Martenot and live-electronics
久保智美(オンド・マルトノ)、トリ音(テルミン)、有馬純寿(エレクトロニクス)

※終演後、サニカンドロ氏を囲んでの懇親会を開催いたします。

主催:
東京現音計画
協力:
アンサンブル九条山
公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
両国門天ホール
TGK_logo1TWSlogo_799x140

出演者プロフィール
続きを読む


指揮ワークショップ、作曲トークセッション報告

怒涛のように「東京現音計画#05」のリハーサル、本番が終わり、遅くなりましたが遡って指揮ワークショップ、作曲トークのご報告を致します。

1.指揮ワークショップ
8月4日、恒例となった杉山洋一さんによる指揮ワークショップ、今回は中級編となって、ストラヴィンスキーの「ダンバートン・オークス」、シューマンの交響曲一番を題材に、黒田亜樹さん、日野原秀彦さんのピアノ2台の演奏で行われました。今回は両国アートフェスティバル2015の一環ということもあって、多くの聴講の皆様もお迎えすることとなりました。ご来場ありがとうございました。
指揮ワークショップ1

指揮ワークショップ2

2.作曲トークセッション
続いて8月7日、東京ドイツ文化センターにおいて、『稲森安太己、オレ・ヒュプナーが語るドイツ現代音楽の今』と題したトークセッションが行われました(予定されていたユーリア・ミハーイさんのデモンストレーションは、ご本人の体調不良のため、残念ながら中止となりました)。#05公演に合わせて来日した二人の作曲家の、現在のご自身の創作と、それに関係する形で多くの若いドイツの作曲家をご紹介いただきました。こちらも会場は多くの若い作曲家の皆さんで満席となりました。ご来場ありがとうございました。

作曲ワークショップ3

作曲ワークショップ4

作曲ワークショップ2


ご来場ありがとうございました。

1月11日シルバーマウンテン企画及び1月14日東京現音計画#04、沢山の方々にご来場いただき無事終了いたしました。誠にありがとうございました。ネットに書き込まれた出演者の声や寄せられた書き込みを纏めました。

まずは今回の企画者大石将紀の所感。

続いて、パーカッション神田佳子のブログ
東京現音計画#04@杉並公会堂終了!!

ツイッター上に寄せられた感想などをtogetterでまとめました。
http://togetter.com/li/770841

11日の公演を手伝って下さった富田真以子さんの感想。
現音計画シルバーマウンテンコンサート
kuriさんによる1月11日の評。
シルバーマウンテン連続公演「東京現音計画」
MOGURAmaruさんによる1月14日の評。
1月14日 東京現音計画#04~ミュージシャンズセレクション2:大石将紀~
どれもありがたく拝読させていただきました。

次回東京現音計画#05は8月11日、場所を北とぴあつつじホールに変えて、稲森安太己さんを迎えてのコンポーザーズ・セレクションとなります。ワークショップも続々企画中ですので、お楽しみに!


新作「ptshrd」を巡ってのお話

facebookに、池田拓実さんの新作「ptshrd」を巡ってのお話がありましたのでリンクします。

投稿 by Takumi Ikeda.

投稿 by Takumi Ikeda.

投稿 by Takumi Ikeda.

リハーサル進行中!

1月11日洗足学園音楽大学公演、1月14日第4回公演の練習が佳境に入っています。


第4回公演はサクソフォン、ピアノ、打楽器のトリオを中心としたプログラム。使用する打楽器の種類が大変なことになっています。

リハーサル
こちらは3/14初演の池田拓実さんの新作「ptshrd」のリハーサル。タイトルは英語のpotsherd(陶器の破片)に由来し、母音が覗かれて更にその破片となっているとのこと。


池田拓実さんインタビュー

日本電子音楽協会の「JSEM電子音楽カレンダー/2015年1月のピックアップ」に#04の委嘱作曲家、池田拓実さんのインタビューが掲載されています。
来年1月14日の「東京現音計画#04」で初演される委嘱作についても触れられているので、ぜひお読みください。
http://jsem.sakura.ne.jp/jsemwp/?p=1095


ゲスト作曲家、杉山洋一氏によるプログラムノート

コンサートに先駆け、今回のゲスト作曲家の杉山洋一氏によるプログラムノートをご紹介いたします。

今回の東京現音計画の演奏会のプログラムは、日本で未だ知られていないイタリアの作家や作品を絡め、サクソフォン、チューバ、打楽器、ピアノとエレクトロニクスという編成の特殊性を活かすことにあります。素晴らしい演奏家との出会いは、一見むつかしそうな条件でも、無限の可能性へ変化させてくれて、同時に各奏者の個性や存在感を充分に活かしたいと思いました。

大石さんの魅惑的な音でヨガの行者!でもあるネッティの神秘的な音楽を、神田さんには缶カラに針金がのびたような形状の余りお目にかかることのない打楽器スプリングドラム一つで、圧倒的なビッローネの世界を紹介していただきます。
ルーチョ・フォンターナの裂け目の入ったカンバスの世界を大胆に描いた、サーニの迫力抜群の傑作を、黒田さんと有馬さんに。
僕が一枚下書きを書くたびに橋本さんにお送りして、「これは吹けますか」「大丈夫です」「これでも吹けますか」「大丈夫です」「本当にいいんですか」「大丈夫です」と調子に乗ってゆくうち、とんでもないチューバの姿へと変化してしまった「ファンファーレ」をここぞとご本人にお願いし、ベリオとマデルナが作ったミラノのRAI音声学研究所で、当時まだ珍しかった4チャンネルで製作された斬新な作品のなかから、今回はドナトーニとクレメンティを取り上げ、有馬さんの魔術で初演当時の臨場感あふれる音響を再現していただくことにしました。

一見意外な演奏者の組合せの妙を愉しんで頂くべく小品もはさんでみました。
マデルナの古典的名作「ディアロディア」は、オーボエやフルートなどで演奏するのが普通ですが、どの楽器で演奏しても構わないそうですので、今回はサクソフォンとチューバ!による響きの妙を愉しんでいただきます。
ルターが作曲したクリスマス賛歌「天のかなたより」をクレメンティが作り直したのは、カノン好きのクレメンティが、この作品にバッハが有名なオルガンのカノン変奏曲に影響を受けたのは間違いありません。その証に、原曲には鍵盤楽器か4楽器にて演奏せよ、とあります。

「天のかなたより」では、「嬉しい知らせを伝えるべく、天のかなたから来ました。神さまの憐れみによって、世界の罪を救うため」と天使が謳います。悲しいけれど、世界には悲しい知らせもたくさんあります。95年、ナイジェリアで一人の作家が死刑に処されました。彼の故郷ではわたしたちが使う石油を掘っていて、そのため人が住めなくなるほど環境破壊が進んだことを国際的に告発して、当時の軍事政府の口封じにあいました。
311ののち、サロ=ウィワというこの作家のことを、たびたび思い出していました。そして、故郷を破壊や汚染によって失った人たちについて思い、どんな形で作り出されたにせよ、現在自分が享受している電力すべて、つまり自分の文化の対価について思いました。作品は3つの素材から出来ていて、彼が亡くなる直前に残した声明文と同じく刑執行直前のヴィデオインタヴュー。そしてもう一つ、毎木曜早朝、現地のひとびとが彼の墓に集い祈りを捧げるときに歌われる、キリスト教の賛美歌です。

2013年8月ミラノ空港にて