カテゴリー別アーカイブ: ワークショップ / workshop


02/12 音楽家のためのアルテ・シェニカ(舞台表現)ワークショップ

音楽家のためのアルテ・シェニカ(舞台表現)ワークショップ受講生・聴講生募集
2017年2月12日(日)午後2時~午後9時
場所:高円寺駅周辺(申込の方にメールでお知らせします) 

演奏家のステージマナー(演奏していないときの自然な立ち振る舞い)を入り口に、作曲家が壇上に呼ばれてお辞儀をする際のスマートなやり方や、そもそも現代音楽がそのようなステージマナーに囚われていていいのか、というところまでひっくるめて徹底追及。
迎える講師は、現代音楽や即興、実験音楽とのコラボレーションも多く、昨年末に日本現代音楽協会主催・リゲティ《アヴァンチュール》《ヌーヴェル・アヴァンチュール》の演出で話題をさらった鬼才・大岡淳。演奏だけでは追いつかない「現代音楽」の表現手法に奮闘してきた東京現音計画ならではのワークショップ、演技や身体表現をともなうパフォーマティヴな作品を演奏するコツや、シアター作品の作曲のヒント満載です。まずは参加を!

対象:音楽に携わる人すべて。
プログラム:
14:00~14:50 トーク「音楽家の身体性をめぐって」
15:00~17:30 ワークショップ1「全身で表現する」
・ウォームアップ
・マジックハンド
・立つ、歩く
・ミラー
・人間彫刻
・2ポーズカウント
・フロー
・らせん、道行
18:30~21:00
ワークショップ2「舞台で表現する」
・立つ、歩く、座る
・舞台上でのあいさつ
・声のコンダクション
・まとめ

*動きやすい服装、上履きをご用意ください。

料金:2,000円(税込)
申込〆切:2017年2月7日(火)
聴講:ご希望の時間帯で可能です。聴講料:1000円(税込)
申込、問い合わせ:東京現音計画事務局(ナヤ・コレクティブ内)
nayac@mc.point.ne.jp
メールの場合は、件名を「WS希望」として下記の項目を送信してください。
1)お名前:
2)電話番号:
3)メールアドレス:

*受講者が開催可能な最低人数に達しない場合、中止となる可能性がありますのでご容赦ください。

主催:東京現音計画
企画:橋本晋哉

講師プロフィール:
大岡 淳(おおおか じゅん)
演出家・劇作家・批評家。1970年兵庫県生まれ。現在、SPAC-静岡県舞台芸術センター文芸部スタッフ、静岡文化芸術大学非常勤講師、河合塾COSMO東京校非常勤講師を務める。静岡を拠点としながら、批判的エンタテインメントの創造をモットーとして、演劇・人形劇・オペラ・ミュージカル・コンサート等を幅広く手がける。主要演出作品に、ハイナー・ミュラー『ハムレットマシーン』(商品劇場/SPAC)、ジョルジュ・バタイユ『マダム・エドワルダ ~君と俺との唯物論~』(一糸座)、大岡淳『王国、空を飛ぶ! ~アリストパネスの「鳥」~』(SPAC)等。編著に『21世紀のマダム・エドワルダ』(光文社)がある。ウェブサイト:http://ookajun.com/


08/14 有馬純寿ワークショップ「音の収録を極める」

【両国アートフェスティバル関連企画サマーアカデミー】

日本の現代音楽界における音響・エレクトロニクスの第一人者、有馬純寿による実践ワークショップを開催。
録音やPA、ライブ・エレクトロニクスのマイクロフォンの活用法など、現場に即したノウハウを公開します。
東京現音計画メンバーも演奏者として参加!

日程:2016年8月14日(日) 10:00〜18:00
会場:両国門天ホール
講師:有馬純寿
演奏:東京現音計画

対象:どなたでもご参加いただけます。
内容:録音やPA、ライブ・エレクトロニクスで使用する各種マイクロフォンの違いや、セッティングによる音の変化を、実際に録音や演奏をしながら体験していきます。


08/13 第8回 杉山洋一による指揮ワークショップ

【両国アートフェスティバル関連企画サマーアカデミー】

作曲家/指揮者・杉山洋一と東京現音計画による名物講座、今年もサマーアカデミーに登場!
モーツアルト《交響曲第39番》を題材に、指揮と楽曲分析を通じて「耳を開く」ユニークなワークショップです。

日程:2016年8月13日(土) 10:00〜18:00
会場:両国門天ホール
講師:杉山洋一
ピアニスト:黒田亜樹、加藤真一郎

対象:指揮に興味があり、耳の訓練をしたい方で、以下のいずれかに該当する方。
(1)これまで当ワークショップを受講した方
(2)指揮の経験がある方(プロ・アマ、ジャンル、規模は問いません)
*長らく聴講生のみの募集でしたが、今回受講生の空きができましたので、あらたに募集いたします。

内容:少人数の集団ワークショップで、2台ピアノによる交響曲の指揮に挑戦します。

課題曲:モーツァルト《交響曲第39番》全楽章


07/09 新しい抵抗に向けて〜東京現音計画#07関連トーク

新しい抵抗に向けて〜東京現音計画#07関連トーク

7月14日の東京現音計画コンサートに向けて、プログラム監修の沼野雄司氏にたっぷりと語っていただきます。ゲストに社会学の毛利嘉孝氏、東京現音計画メンバーも参加して、フル装備のトーク企画、お楽しみに!

日時:2016年7月9日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:Tokyo Concerts Lab.(東京都新宿区西早稲田2-3-18)

出演:沼野雄司(音楽学、桐朋学園大学教授)
   東京現音計画メンバー
ゲスト:毛利嘉孝(社会学・文化研究、東京藝術大学教授)
司会:有馬純寿(東京現音計画代表、帝塚山学院大学准教授)

入場料:1000円(税込)
    東京現音計画#07のチケット持参の方は500円(税込)
    ベルク協会会員、高校生以下無料

予約・問い合わせ:nayac@mc.point.ne.jp(福永)

主催:東京現音計画
共催:日本アルバン・ベルク協会
協力:帝塚山学院大学情報メディア学科


03/31 第7回 杉山洋一による指揮ワークショップ~中級編3~

第7回 杉山洋一による指揮ワークショップ~中級編3~

日時:2016年3月31日(木)15:00~22:00
会場:笹塚BLUE-T(東京都渋谷区笹塚1-61-8, 1F)
講師:杉山洋一
ピアニスト:日野原秀彦、加藤真一郎(2台ピアノ)
課題曲:ドビュッシー《牧神の午後への前奏曲》中心、モーツァルト《交響曲第39番》1楽章、2楽章


11/16 ヴァレリオ・サニカンドロ:空間、音楽と音の立体化

フランスを拠点にIRCAM、ダルムシュタット、ZKMなどヨーロッパ各地で活動を展開する1971年イタリア生まれの作曲家、ヴァレリオ・サニカンドロのワークショップ&コンサート。

出演:ヴァレリオ・サニカンドロ(作曲)、有馬純寿(エレクトロニクス)、太田真紀(ソプラノ)、橋本晋哉(チューバ)、久保智美(オンド・マルトノ)、トリ音(テルミン)

入場料:一般2000円(当日2500円)、学生1000円
チケット取扱い:
両国門天ホール
03-6666-9491
ticket@monten.jp

Part I レクチャー「空間、音楽と音の立体化」
サニカンドロ氏の近年の作品を中心に自作について語ります。

Part II コンサート
Strali (2001) for solo voice
太田真紀(ソプラノ)
SonnetX (2008) for tuba and L.E.
橋本晋哉(チューバ)、有馬純寿(エレクトロニクス)
A Book of Waves (2012) for Theremin, Ondes Martenot and live-electronics
久保智美(オンド・マルトノ)、トリ音(テルミン)、有馬純寿(エレクトロニクス)

※終演後、サニカンドロ氏を囲んでの懇親会を開催いたします。

主催:
東京現音計画
協力:
アンサンブル九条山
公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
両国門天ホール
TGK_logo1TWSlogo_799x140

出演者プロフィール
続きを読む


指揮ワークショップ、終了! 

シューマンにどっぷり浸かった8時間、最後まで集中が途切れることなく熱いワークショップでした。杉山先生、受講生の皆様、ピアニストの日野原さん、坂東さん、お疲れさまでした。


09/23 第6回杉山洋一による指揮ワークショップ~中級編2~

第6回 杉山洋一による指揮ワークショップ~中級編2~

日時:2015年9月23日(水・祝)9:00~17:00
会場:笹塚BLUE-T(東京都渋谷区笹塚1-61-8, 1F)
http://www.blue-t.jp

課題曲:シューマン《交響曲1番》1~3楽章中心、余裕があれば4楽章も。
受講料:12,000円(税込。ランチ付き)
 ※前回8月のWSの続き、という位置付けから、今回は新規の受講生の募集は行っておりません(聴講生募集のみのご案内となります)。

講師:杉山洋一
ピアニスト:日野原秀彦、坂東祐大

時間割:
9:00 受付
9:15 1時限
10:45 休憩(15分)
11:00 2時限
12:30 昼休憩(Blue-Tさんの美味しいランチをご用意。ドリンク別)
13:30 3時限
15:00 休憩(15分)
15:15 4時限
17:00 終了

【聴講生募集】
聴講料:1,200円(税込)
★別途、ドリンクのご注文をお願いします(400円~)
聴講ご希望の方は、件名を「9/23指揮WS聴講希望」として、下記を記載してお申し込みください。
・お名前
・人数
・聴講希望時間 帯(予定で結構です) :  ~  :
・ランチ(800円)の希望: 有 ・ 無
申し込み先:nayac@mc.point.ne.jp


指揮ワークショップ、作曲トークセッション報告

怒涛のように「東京現音計画#05」のリハーサル、本番が終わり、遅くなりましたが遡って指揮ワークショップ、作曲トークのご報告を致します。

1.指揮ワークショップ
8月4日、恒例となった杉山洋一さんによる指揮ワークショップ、今回は中級編となって、ストラヴィンスキーの「ダンバートン・オークス」、シューマンの交響曲一番を題材に、黒田亜樹さん、日野原秀彦さんのピアノ2台の演奏で行われました。今回は両国アートフェスティバル2015の一環ということもあって、多くの聴講の皆様もお迎えすることとなりました。ご来場ありがとうございました。
指揮ワークショップ1

指揮ワークショップ2

2.作曲トークセッション
続いて8月7日、東京ドイツ文化センターにおいて、『稲森安太己、オレ・ヒュプナーが語るドイツ現代音楽の今』と題したトークセッションが行われました(予定されていたユーリア・ミハーイさんのデモンストレーションは、ご本人の体調不良のため、残念ながら中止となりました)。#05公演に合わせて来日した二人の作曲家の、現在のご自身の創作と、それに関係する形で多くの若いドイツの作曲家をご紹介いただきました。こちらも会場は多くの若い作曲家の皆さんで満席となりました。ご来場ありがとうございました。

作曲ワークショップ3

作曲ワークショップ4

作曲ワークショップ2